木陰、眼下には日川のせせらぎ

8A831124-9257-4710-846E-705299FC6AA8.jpeg

E712957B-D986-4D65-9586-7FCB3D75174B.jpeg

7A99F698-FF0E-42B9-98C1-82E35F8C1E87.jpeg

AEE48225-F7E5-490F-9255-5C41905D9ECE.jpeg

0753659D-DC24-4E5F-ADFE-3D57C3D3C58C.jpeg

竜門峡入口から山道に入り、東電取水口を目指しました。木々に囲まれて、眼下に流れる日川のせせらぎが目にも耳にも心地よいです。
一度、折返して宿舎に戻り、バスで栖雲寺に向かいます。

更新日:2019年08月02日 21:34:09