入学式 式辞

 1年生の皆さん、入学、おめでとうございます。皆さんの入学をとても愉しみに待っていました。今日から皆さんは、川南(せんなん)小学校の1年生です。私は、校長の大塚 寿江です。川南小学校がみなさんの笑顔で、こどもたちの笑顔でいっぱいになるようにしたいと思っています。よろしくお願いします。

 さて、1年生の皆さん、これから楽しい小学校生活が始まります。勉強したり運動したり給食を食べたり、お友達と遊んだりしながら、たくさん脳みそを鍛えてくださいね。川南小学校では、1年生から6年生まで、みんなが助け合って生活しています。もし、困ったことがあったら、上級生のお兄さん、お姉さんや、このあと紹介する担任の先生、そして、川南小学校にはたくさんの先生や主事さん方、職員がいますから、誰でもいいので何でも相談してください。 みんな優しく教えてくれます。だから、安心して学校に来てくださいね。
 
さて、日本全国、たくさん学校がありますが、それぞれマーク、「印」というものがあります。幼稚園や保育園で、自分のマークがあった人もいますね。学校の印のことを「校章」と言いますが、この江東区にも小学校は46校あって、それぞれマークが違うのです。さあ、川南小学校のマークは何をモチーフにしているかというと、「サクラ」です。それも、ただのサクラではありません。「ヤマザクラ」です。ここ(演台前)にも、あそこ(舞台正面頭上)にもあります。校長先生は、この川南小の校長先生になって、このマークのこともこの学校のことも「大好き」になりました。そして、「大好き」という気持ちは、「大切にしたい!大事にしたい」という気持ちに繋がりました。
ぜひ、1年生のみなさんも、「川南小学校の1年生」になったからには、このマークのことも、この川南小学校のことも、「大好き」になってください。そして、その気持ちを「学校を大切にしたい!大事にしたい!」という気持ちにつなげてください。
「学校を大事にする」といいましたが、「学校にいる人、学校に関わる人を大事にする」ということなのです。それはね、「自分を大切にする」そして「相手を大切にする」、ということなのですよ。そのために皆さんにしてほしいことがあります。
「人に伝わるあいさつ」です。あいさつは、相手を大切に思っているよ、大事に思っているよ、ということを示す方法の一つです。朝、学校で先生やお友達に会ったら「おはようございます。」、誰かに何かしてもらったら「ありがとうございます。」、人を嫌な気持ちにさせてしまったな、と思ったら、3秒以内に「ごめんなさい。」そういった言葉が上手に使えると、自分も相手も、毎日気持ちよく生活できます。自分を大事にすることも相手を大事にすることも両方、いっぺんにできますね。「あいさつ」って魔法みたいなすごい力があるのです。だから、挨拶上手な川南小のこどもになってください。

それでは皆さん、おうちの方とお話ししますので、少し待っていてください。
 
保護者の皆様、本日は、お子様のご入学、誠におめでとうございます。本日から、川南小学校の大切なこどもとしてお預かりし、教職員一同、力を合わせて教育に当たって参ります。
小学校の6年間は、学習や生活を通して人としての基礎を学ぶ大事な時期です。そして、学校、家庭、地域が共に子供の学びを支えることによって、確かな学力や豊かな心を育てることができると考えています。
皆様と、共に手を携えて子供たちを一緒に育てて参りましょう。本年度、川南小学校は70周年を迎える節目の年でもあります。秋にはお祝いの行事も予定しています。(11月5日)川南小が大好き! この地域が大好き! と実感できる良い機会にしてまいりたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

それでは1年生の皆さん。明日からは登校班(地区こども会)で学校に通います。上級生のお兄さん、お姉さんと一緒に並んで、安全に気を付けて学校に通って来てください。校長先生は、門のところで。担任の先生は、それぞれのお教室で。伝わるあいさつ、明るい挨拶を待っています。

 
令和4年4月6日 
江東区立川南小学校長 大塚 寿江

更新日:2022年04月08日 18:17:24