日記ページ

カテゴリ 件数 検索
カテゴリ:全校朝会
3月24日(火)卒業式の準備・メッセージ届く!

020324_1.JPG

020324_2.JPG

020324_3.JPG

午後から、教職員で卒業式の準備を進めました。
59名の卒業生一人一人の顔を思い浮かべながら、準備とリハーサルを行いました。
それから、嬉しいことに、これまでご指導いただいてきたハードラーの大朝尚子先生が6年生へのメッセージを届けて下さいました!川南小の卒業生を、たくさんの方々が応援して下さっています。皆様、本当にありがとうございます。

公開日:2020年03月24日 18:00:00

カテゴリ:全校朝会
2月25日(火)全校朝会「合同防災訓練」と「感染症の予防」(校長の話)

1川南体操.JPG

2合同防災訓練.JPG

3合同防災訓練2.JPG

4全校朝会後の手洗い.JPG

2020-02-24 09-56-55.JPG

 昨日、川南公園で「合同防災訓練」がありました。川南小学校のみんなが住んでいる千石二・三丁目町会、海辺町会、扇橋三丁目町会、千田町会をはじめ地域の方々が、大地震が起きた時の避難訓練でした。川南公園にたくさんの方が避難してきました。いつ起こるか分からない地震に備えて、川南小学校の皆と同じように、町の方々は真剣に取り組まれていました。起震車体験や消火訓練も行いました。

 本当は校庭で行う予定でしたが、コロナウイルスの感染を防ぐために、校庭や体育館では行わず、子供たちの参加も取り止めになりました。しばらくの間、川南小学校でも感染予防のために、学習や行事の内容の変更があることもあります。
 今日、学校に来てから、皆さんは手洗いやうがいをしましたか?大切な自分とお友達が健康に過ごせるよう、みんなで取り組みましょう。

(全校朝会後、全校児童が真っ先に手洗い・うがいをしていました。全校体制で、子供たちの健康維持に努めてまいります。)

公開日:2020年02月25日 08:00:00
更新日:2020年02月25日 14:16:04

カテゴリ:全校朝会
2月17日(月)全校朝会「ヒューマン・サッカー」(校長の話)

gazou1.JPG

gazou2.jpg

先週の金曜日には、集会委員会の皆さんが考えてくれた「ヒューマンサッカー」、みんなで6年生とジャンケンをしてゴールを目指す、とても楽しい集会となりました。3回続けて6年生に勝つと、ゴールでしたね。
 皆が大好きな6年生にジャンケンで勝負して、ゴールした人達が満遍の笑顔ハイタッチしている姿を見て、私は、とっても嬉しく幸せな気分になりました。そして、この時の楽しさは、これまで6年生が下級生の皆に優しく接してくれて、いつも力強く最上級生として全校の皆のことを支えてくれたからこそ味わえるものだな、と思いました。
 今日は2月17日。3月24日の修了式、25日の6年生の卒業式まで、あと残すところ30日を切りました。
誰に対しても優しい気持ちで、お互いを支え合える川南小学校を、これからもみんなでつくっていきましょう。

【表彰】
 ジュニアリーダー初級講習会・修了証
 6年生1名、5年生3名に授与されました。全校の皆から大きな拍手が送られました。

公開日:2020年02月17日 09:00:00

カテゴリ:全校朝会
月10日(月)全校朝会「展覧会大成功!」(副校長の話)

2020-02-10 1.JPG

2020-02-10 2.JPG

2020-02-10 3.JPG

2020-02-10 4.JPG

2020-02-10 5.JPG

6日(金)から3日間の展覧会が終わりました。
全校児童のみなさんが、一生懸命作り上げた図工や家庭科の作品が体育館、そして玄関から体育館の入り口まで展示されました。体育館すべてが美術館に変身しました。「全校のみなさんが、心を込めて作った作品からは、その思いやエネルギーが伝わってきて、とても温かい気持ちになりました。」という感想がありました。皆さんの作品の良さが引き出されるように、先生方も作品のタイトルづくりなど、一所懸命に取り組みました。給食調理員さんも、各学年分の展覧会給食として、展覧会を盛り上げるために腕をふるってくださいました。
川南小学校のみんなで作り上げた展覧会は、大成功におわりました。
 展覧会の成功を全校のみんなと共に喜び合いたいと思って、くす玉を作ってみました。くす玉が割れたら大きな拍手をしてください。
 「3、2、1、・・・」(くす玉割り)
今日は、川南小みんなで創り上げた展覧会大成功のお祝いをしました。体育館をしばらくそのままにしておきたいのですが、体育ができないので、今日は元に戻す作業を各学年で、仕上げを5年生にお手伝いしてもらいやってもらいます。5年生の皆さん、よろしくお願いします。
 展覧会大成功でした!

公開日:2020年02月10日 09:00:00

カテゴリ:全校朝会
2月3日(月)全校朝会「さあ、みんなで宝箱をあけよう!」(校長の話)

1.JPG

2.JPG

3.JPG

さあ、いよいよ展覧会が今週末に迫ってきました。
 皆さんは、長い期間をかけて、作品を一生懸命に作ってきました。作品を作る時は、自分の思いを色や形などに表す工夫を重ねてきましたね。そして、皆さんは、もう一つ力を注いだことがあります。
 それは、言葉で自分の思いや願いや考えを人に伝える練習をしてきたことです。まだ、真夏のように暑かった頃、現代美術館に行って、学芸員の方々から、作品の見方や楽しみ方について教えていただきました。そして図工の時間には、作品が出来上がるたびに、クラスの友達や、たくさんの先生方に、ギャラリートークを通して、自分の作品に込めた思いや願いを伝えました。それだけでなく、聞き手も友達の作品の良いところや素敵なアイデアなどを見たり感じたりする目を育ててきました。

 さあ、みんなで作り上げてきた「みんなの宝箱」、今週、みんなであけましょう!

公開日:2020年02月03日 09:00:00
更新日:2020年02月03日 20:31:01

カテゴリ:全校朝会
1月27日(月)全校朝会「人のために頑張るということ」(副校長の話)

DATA1.JPG

DATA2.JPG

DATA3.JPG

毎年、川南小では、5年生が川南幼稚園のお友達と交流をしています。今年は、4月から9回の幼稚園交流があり、1月15日の幼稚園交流8回目でした。輪なげ、ボーリング、魚つり、折り紙、工作、すごろく、ぬりえ、お絵かきコーナーなど、様々なお店屋さんを企画し、遊ばせてあげたり、ペアで一緒に回ったりしていました。お店を回る時には「どこに行きたい?」など、幼稚園の子たちの気持ちを聞きながら回ってくれていました。

交流の時の5年生は、園児さんと話す時、かがんで顔を近付けて聞いたり、立て膝で園児さんの目線と同じ高さで話してあげたりしている子もいて、いつも見る5年生以上に、しっかりと頼もしいお兄さん、お姉さんぶりを発揮していました。

5年生の感想では、
「小さい子をあやしたり、気持ちを聞いてあげたりするのはたいへんだったけれど、幼稚園の子たちが嬉しそうにしてくれた時は嬉しかった。」
「いつも自分たちのために準備している人が、どれだけ苦労しているかが分かった。」
「みんなで協力してできて良かった。」
などがありました。
 自分自身のために努力することは大切なことですが、「人のために」「誰かを喜ばせてあげたい」と思う気持ちが、大きな力になっていくと感じました。

  学校では、いろいろな勉強をしていますが、人から学ぶ幼稚園交流は、川南小学校ならではの、学校でしかできない、貴重な勉強だと思います。

 今の6年生も5年生の時に、幼稚園交流を経験し、4月には1年生のお世話を頑張ってくれました。今日は、「人のために頑張るということ」というお話をしました。クラスでの給食当番、係活動なども同じだと思います。今日は、2年生・5年生の地域清掃もあります。これも「人のために頑張ること」ことの一つですね。全校のみなさんも、「人のために頑張ること」について、「自分なら何ができるのか」ぜひ、考えてみてください。

公開日:2020年01月27日 08:00:00

カテゴリ:全校朝会
1月14日(火)_全校朝会「ゆっくり長い息が、心と体の健康の秘訣! 」(校長の話)

020114_写真1.JPG

020114_写真2.JPG

今日は、「ゆっくり長い息が、心と体の健康の秘訣!」という話をします。 
何か、皆の前で発表する時や新しいこと、あまり得意でないことにチャレンジする時に、ドキドキすることは、ありませんか?今、皆の前でお話をしている私も、実は、ドキドキすることがたくさんあります。そんな時、私は深呼吸をします。今日、皆さんにこの話をしたいと思い、呼吸のことを深く勉強している知人のヨガの先生に、色々とお話を聞いてきました。

呼吸のコツは、「吸う時は鼻から、吐く時は口から」だそうです。「吸う時は鼻から」には、理由があります。鼻の中の粘膜は、吸い込んだ息のばい菌やウイルスをバリアするようにできています。鼻から呼吸していた方が、風邪とか空気で感染する病気もかかりにくいです。吐く息は、口からでも良いそうです。これからの冬の季節に試しましょう。

呼吸のリズムは、吐く息の方を少しゆっくりすると落ちつきやすいです。吐く息:吸う息のリズムは2:1が良いと言われています。心の中で4つ数えて吐いて、吸う息を2つ数えてスッキリ吸う。まずはゆっくり吐いて、体の中や心の中を空っぽにしてから、スッキリ吸うといいです。この呼吸を10回位繰り返すと、体がスッキリして心が落ち着きます。

そうなんです。実は心と呼吸はつながっています。自分が焦っているとき、嘘をかくしたいとき、不安な時は、心臓が早くなって、呼吸も速くなっていませんか?逆に、お風呂で温まって気持ち良いときや、お腹がいっぱいになって幸せになったとき、安心した時は、ゆっくりの呼吸になっていませんか?
もし、皆さんが不安なことや心配なこと、緊張することが起きて心を落ち着けたい時は、口からゆっくり息を吐いてから、優しく息を吸ってみてください。息がゆっくりになると、心も落ち着きますよ。そして、長い息、ゆったりの息は、頭が冴えて体や心の健康にも良いです。

動物でも象や亀など寿命の長生きの動物は、みんなゆっくり長い息をしているそうです。人間も一緒でゆっくり長い息が得意な人ほど、健康に元気に過ごせると言われています。

では、皆で心と体の健康のための呼吸をやってみましょう!

【表彰】
◇令和元年度 第2回 KOTO☆キッズながなわチャレンジ
  優秀クラス賞 区内3年生の部 第3位 3年2組 記録 241回
  優秀クラス賞 区内4年生の部 第6位 4年2組 記録 270回
  優秀クラス賞 区内6年生の部 第5位 6年2組 記録 328回

公開日:2020年01月14日 09:00:00

カテゴリ:全校朝会
令和2年1月8日(水) 後期後半始まりの会(校長の話)

020108_後期後半DATA.JPG

4つの木.JPG

皆さん、あけまして おめでとうございます。新しい年、令和2年を迎えましたね。
 今日から、皆さんの学校生活、後半のスタートです。1年生は2年生に向けて、2年生は3年生に向けて、3年生は4年生に向けて、4年生は5年生に向けて、5年生は最高学年6年生に向けて、6年生は小学校の卒業と中学校生活に向けて、日々の学習や行事、学校生活と、様々なことに力を注ぎ、皆で力を合わせて成長していきましょう。

今日は、久しぶりに「4つの木」のお話をします。
では、お馴染みの4枚の絵を見てみましょう。「元気の木」「やる気の木」「勇気の木」「根気の木」です。 
後期後半を始める日に当たって、あなたがどの木を育てたいか、確認しましょう。自分の育てたい木を2つ選んで手を挙げてください。

さあ、みなさん一人一人が、今日から始まる後期後半の学校生活の中で、次の学年に向けてどんな実をつけてくれるか、私は、とても楽しみにしています。
それでは、川南小380人みんなで、後期後半の学校生活を始めましょう!
-----------------------------------------------

【児童代表の言葉】2年生
 ぼくが2020年にがんばりたいことは、2つあります。
 一つめは、字をもう少しきれいに書くことです。どうしてかと言うと、かきぞめのれんしゅうをしている時、一つの文字にしゅう中しなかったので、けしゴムを何回かつかってしまったからです。だから、今年は、先生にほめられるくらい、きれいな字を書きたいです。
 二つめは、生活でがんばりたいことです。それは、かぞくとのけんかをへらすことです。どうしてかというと、お兄ちゃんとよくけんかをしているし、かぞくにわるいと思うからです。お兄ちゃんが、じゅくでべんきょうしてつかれているのに、つよく言って、口げんかをしてしまいます。ちょくせつは言いにくいけど、本当は、あやまりたい気もちがあります。だから、今年はけんかをへらして、かぞくがいやな思いをしないようにしたいです。
 この二つののことを、今年はがんばって、「かっこいい3年生」になりたいです。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◇ 非常勤栄養士 着任の挨拶

公開日:2020年01月08日 09:00:00

カテゴリ:全校朝会
12月25日(水)後期前半終わりの会(校長挨拶)

2019-12-25 4.JPG

2019-12-25 1.JPG

2019-12-25 2.JPG

2019-12-25 305.JPG

早いもので、今日は、「後期前半の終わりの会」です。後期の始業式 10月から今日まで、全校391人の一人一人がとても頑張ってきました。これから、1年生から6年生まで、頑張ったことを紹介します。

【1年生】
やっと行けた生活科見学。とっても寒い日でしたが、お目当ての動物のスケッチをしたり、メモをとったりしましたね。それから、初めてのマラソン大会。朝マラソンから、やる気満々でした!楽しみながらマラソンに取組むことができました。
(頑張った1年生に大きな拍手をお願いします。)

【2年生】
町探検で、地域のお店や施設に出かけて、上手にインタビューすることができました。それを地図にまとめて、立派に発表することもできました。
(頑張った2年生に大きな拍手をお願いします。)

【3年生】
スーパーマーケットやコンビニエンス・ストアの見学では、お店の方々の工夫や努力していることを調べました。深川江戸資料館では、今と昔の生活や仕事、道具の違いなどについてしることができました。
(頑張った3年生に大きな拍手をお願いします。)

【4年生】
ごみの調べ学習や10月の学習発表会に向けた準備など、ハードスケジュールでしたが、根気強く取り組むことができました。学習発表会では学校や合奏でも頑張って、男の子も女の子もみんなで協力して取り組みました。
(頑張った4年生に大きな拍手をお願いします。)

【5年生】
夏休み前から、連合音楽会に向けて、みんなで練習に取り組みました。この体育館でも全校の皆さんに演奏を披露してくれましたが、本番のティアラこうとうでは、ホールの隅々まで歌声や合奏の音色が響き渡りました。演奏している5年生一人一人の表情が素敵でした。
(頑張った5年生に、大きな拍手をお願いします。)

【6年生】
連合音楽界では、みんな一生懸命に練習に励み、当日は、一人一人が自分の力を出し切りました。客席から、頑張る仲間たちに向けた応援も素晴らしく、どの行事でも川南小学校の最高学年として、挑戦しつづける姿を見せてくれました。  
卒業までの一日一日を大切にして、これからも、全校のみんなのリーダーとして、お願いします。
(川南小学校のリーダー、6年生に、大きな拍手をお願いします。)


さて、明日からの冬休み、健康と安全に気を付けて過ごしましょう。
年末は世の中がちょっと忙しくなります。交通事故には十分気を付けてください。命を大切に過ごしてくださいね。

また、1月8日に、元気な皆さんと会えることを楽しみにしています。
―――――――――――――――――――――――――――――――

【児童代表の言葉】1年生
 わたしが こうきぜんはんに がんばったことは、二つあります。
 一つは、「川なん子どもまつり」の「ブラックボックス」です。わたしは、うけつけの かかりに なりました。
 うけつけは、きた人のカードにスタンプをおしたり、ルールせつめいをしたり、よびだしをしたりするのが しごとです。とくに、ルールせつめいを がんばりました。
 たくさんの人がきてくれて、うれしかったです。ほかのおみせも たのしかったです。
 もう一つは、「あのねノート」です。お休みの日のできごとを せんせいに つたえられて、うれしかったです。字をきれいにかくことと、文しょうを正しくかくことを、がんばっています。いつも、せんせいにつたえたいことが たくさんあって、どのことをかくか、まよってしまいます。それでも、とくに おもいでに のこったできごとを、一つにきめて かいています。せんせいが、かいてくれたコメントをよむのが、たのしみです。
 こうきこうはんは、さかあがりができるように、がんばります。

―――――――――――――――――――――――――――――――
◇ 栄養士の先生から、産休に入るに当たりご挨拶をいただきました。詳しくは、本日発出のお手紙をご覧下さい。
◇ 写真は、本日の「クリスマス・メニュー」です!

―――――――――――――――――――――――――――――――
◇ 計画委員会の呼びかけから始まった「ペットボトルキャップの回収」。ご協力ありがとうございました。

公開日:2019年12月25日 09:00:00
更新日:2019年12月25日 12:10:38

カテゴリ:全校朝会
12月23日(月)_全校朝会「コツはコツコツ」パート2-プラス1の努力をコツコツと-(副校長の話)

011223_1.JPG

011223_2.JPG

先週は、校長先生がコツはコツコツというお話をしてくださいました。
わたしからは、「コツはコツコツ」の「コツ」について、お話をします。
 5年生の「夢教室」にアテネオリンピック日本代表となった森 隆弘 選手が来てくださいました。5年生は森先生の授業を実際に受けているので、覚えていると思いますが、とても素晴らしいお話だったので、全校の皆さんには、私からお話ししますね。

目標を叶えるためには「プラス1(ワン)の努力」が大切だというお話です。
森選手は、小学生の時、オリンピックの水泳で鈴木大地選手が金メダルを取ったシーンをテレビで見て、自分もオリンピックに出たいと強く思ったそうです。それが小学校3年生の時でした。その後、「オリンピックの選手になるには、何をすればいいですか?」とその時通っていたスイミングのコーチに勇気をふるって聞いたそうです。すると、コーチから、
「人とは違う『プラス1の努力』を続けなさい。」
と言われたそうです。小学生だった森選手は考えたそうです。今の自分にできる「プラス1の努力」って何だろうと。そして、考えたことが、スイミングクラブに行くまで、自動車で10分乗せてもらっていたのをランニングすることにしたそうです。「なぜ、水泳の選手なのに走ってるんだ?」など友達から言われたこともあったそうですが、自分が決めたことなので、ランニングを続けたそうです。
森選手は、練習の成果が実り、その後小学生でジュニアオリンピック優勝、大学選手権ユニバーシアードやアジア選手権での優勝等々、輝かしい記録を出しています。目標のオリンピックは一度逃してしまったものの、また努力を積み重ねて2004年にアテネオリンピックに出場しました。
 森選手は、「プラス1の努力」について、こう話してくれました。

〇分からないことは、人に聞く。
〇「プラス1の努力」は人に言われたことではなく、は自分で「考える」。

さあ、あと3日間で冬休みです。14日間もあります。楽しみにしている冬休みですが、みなさんも、自分を変える「プラス1の努力」も考えて続けてみましょう。「コツはコツコツ」です。これは、1日ずっとやっているわけではなく、1日10分から30分で終わる努力の積み重ねでよいのです。でも、「コツをコツコツ」続けたらすごい力が付きますね。
 縄跳びの練習でも、ランニングでも、鉄棒でも、ピアノの練習でも、勉強でも何でもよいです。自分だけの「プラス1の努力」を考えてみてください。
副校長先生は、小学生の冬休み、寒いけれど頑張って二重跳びの練習をして、できるようになりました。漢字練習に取り組んで漢字に自信を付けたこともありました。
 「プラス1の努力」の内容を決めたら、「コツはコツコツ」です。新しい年を迎えるに当たって、冬休み前の今、ぜひ「プラス1」の努力を考えてみてください。

公開日:2019年12月23日 10:00:00