日記ページ

カテゴリ 件数 検索
カテゴリ:4年
7月5日(金)4年生 社会科見学6 有明水再生センター

1D6D2399-E2CB-408D-894E-BA5C9098423B.jpeg

4CD4E7CF-09AB-4FB6-9953-9B476DA705AA.jpeg

46C3A3B3-F2BD-4AF9-B36B-41CD6F0C7F9D.jpeg

2CCCF10F-C29A-4224-95D0-48C91AA75276.jpeg

学習室で、私たちの日常生活になくてはならない下水道・水再生センターの仕組等を学習してから、4グループに分かれて、水再生センターの見学をしました。
下水道管は、小さくて直径25cm、大きいものは直径8.5mだそうです。
地下道を進むと、だんだん汚水の臭いも鼻をついてきます。水をきれいにするために働いてくださっている人たちの苦労を考える機会にもなりました。
最後に、きれいに手を洗って見学を終えました。

公開日:2019年07月05日 14:00:00

カテゴリ:4年
7月5日(金)4年生 社会科見学5 昼食(お弁当)

DA96505C-1D9C-46B8-94AE-37321723D2D6.jpeg

1559B3AB-0233-4761-8A54-3623F8C6738A.jpeg

有明水再生センターの7階にある有明スポーツセンターの景色の良いところでお弁当を食べています。
子供たちは、口々に「おいしい、おいしい。」とお弁当をいただきました。保護者の皆様、朝早くからお弁当を作っていただき、ありがとうございました。
午後の学習は、1階に降りて、有明水再生センターで始まります。

公開日:2019年07月05日 12:00:00

カテゴリ:4年
7月5日(金)4年生 社会科見学4 水の科学館

14DD0C88-8D34-4855-903E-47AF60E46217.jpeg

79707D09-1A7A-4CF0-9673-EC0323A2E310.jpeg

4728D584-5452-4BC2-8FAB-7219CA176FAD.jpeg

水の科学館では、班ごとに活動・学習しています。「水の旅シアター」では、「水つぶ」の気持ちになって、水の循環を学んでいます。

公開日:2019年07月05日 11:00:00

カテゴリ:4年
7月5日(金)4年生 社会科見学3 中央防波堤埋立処分場の車窓見学

8E15DAEE-A940-43B9-8ED5-029F681AAA54.jpeg

C0A69E64-C94F-40C4-B48B-CAF547073CBB.jpeg

864EA41C-EB83-4978-8434-D2F8A1454FBB.jpeg

0ABD0195-16CC-435A-B1DB-62E8457A8EF6.jpeg

75305D60-F042-4B11-B5D7-035BD19686A5.jpeg

畳やタンス、自転車などの粗大ごみの処理、不燃ごみの処理、風力発電、コンテナ埠頭、集水池等を見学してから、バスで30mのごみの山の頂上まで行きました。

見晴らし広場でバスを降りて、「ごみ、へらすぞ!」と、みんなで叫びました。

公開日:2019年07月05日 10:00:00

カテゴリ:4年
7月5日(金)4年生 社会科見学2

1B34AD5F-687A-4E08-A6CA-85CB0718FBE7.jpeg

BCD0294E-F342-4BFF-BC27-40D6D812D61B.jpeg

1A49FD02-8C54-4809-8F4F-E36A7C202BE3.jpeg

9A0D1060-C45A-4B31-AD15-B98B80835F52.jpeg

9915F294-8C0B-4198-A308-097FC56B8AAF.jpeg

スライドを使って、ごみ処分場の場所や役割、埋立の方法、可燃・不燃・粗大ごみ、それぞれの処分の流れなどについて、所員の方から教えていただきました。50年、60年後にもごみを処分し続けることができるように準備が進められています。
3R Reduce(減らす)・Reuse(捨てずにまた使う)・Recycle(もう一度資源として生かす)ことの大切さを学びました。

いよいよ、これからバスに乗って、埋立処分場の見学です。

公開日:2019年07月05日 09:00:00

カテゴリ:4年
7月5日(金)4年生 社会科見学

D4FDC807-6FA7-4675-B063-B3FE366E2377.jpeg

CA4C63E5-B6E9-45FA-BD12-3F4C0D76A142.jpeg

8237B66C-99DC-4BC2-B452-AD110DFCAB73.jpeg

23B873F5-9855-477D-89FB-5E8F71ED2D18.jpeg

子供たちの念願叶い、梅雨空も一休み。4年生は定刻通り、社会科見学に向かっています。
・中央防波堤埋立処分場 ・水の科学館 ・有明水再生センターで学びを深めてきます。「百聞は一見にしかず」、朝から学ぶ意欲が一人一人の表情にあらわれています。バスのなかでは、一人一人学習のめあてを確認し合いました。

公開日:2019年07月05日 08:00:00

カテゴリ:4年
6月19日(水)アウトリーチコンサート

アウトリーチその1.jpg

アウトリリーチその2.jpg

 学校公開1日目、4年生はティアラこうとうの方々によるアウトリーチコンサートを鑑賞しました。アウトリーチコンサートとは、普段劇場になかなか足を運べない児童のために本物の芸術に触れる機会を提供する出前コンサートです。今年度は、江東区芸術提携団体である東京シティバレエ団の方々が来てくださいました。4年生たちも実際にバレリーナの方々と一緒にバレエの表現を体験したり、踊ったりと、バレエの世界に入りこんで、体を動かしていました。バレエ団の方々の立ち姿がとても美しく、こどもたちと共に、しなやかで力強い表現に感激しながら、鑑賞しました。
 「とてもユニークな授業で、見ている方も楽しかったです。」という参観者の方からの感想もいただきました。

公開日:2019年06月23日 15:00:00
更新日:2019年06月23日 16:26:27

カテゴリ:4年
6月12日(水)下水道工事見学

下水道工事.jpg

下水道その2jpg.jpg

下水道その3jpg.jpg

 この写真は、なんと深さ33m(地下11階分)の地下の様子です。今日は4年生が、木場公園近くにある下水道工事の現場を見学しました。下水道のトンネルは、泥土圧式シールド機という円柱型の機械で掘り進めるそうですが、その直径が4.35m(ゾウよりも大きい)もありました。下水道のトンネルを3両編成のトロッコで移動したり、クレーン操作を体験をしたり、貴重な体験をさせていただきました。私達の暮らしを支えている下水道が、どのように作られているかを実際に見学することができた貴重な1日となりました。

公開日:2019年06月12日 20:00:00
更新日:2019年06月12日 21:03:40

カテゴリ:4年
4年生 社会科見学

4年社会科見学その2.jpg

4年社会科見学その1.jpg

 9月20日に4年生は社会科見学で、食品リサイクル工場「アルフォ」と「えこっくる江東」へ行きました。「アルフォ」では、給食の残菜やレストラン、コンビニエンスストアーの料理や弁当の余り等の食品廃棄物を家畜の飼料にする会社です。江東区の給食残菜も扱っているので、川南小の残菜も「アルフォ」でリサイクルされています。6月の社会科見学で、廃棄物埋立処分場を見学している4年生は、食品をゴミとして捨てるのでなく、再利用している取り組みを真剣に見学しました。「えこっくる江東」でも「アルフォ」でも真剣に質問したり、メモを取ったりする姿が印象てきでした。

公開日:2018年11月03日 12:00:00
更新日:2018年11月03日 13:50:29

カテゴリ:4年
6月29日(金)4年生 社会科見学

81F95581-2A00-4DFD-9FB7-494253D2AB95.jpeg

5D4FE660-72D2-45FE-8DE3-106A2F0B491E.jpeg

CD7C9248-534C-406A-82E5-4382DE3727E3.jpeg

39EF1BE9-A71E-466B-AF15-E4093F3C1961.jpeg

4221B88F-7AC5-4B08-A8BE-D3B2AE8E5FB9.jpeg

「水の旅について理解を深める」「埋立処分場を見学し、ゴミのゆくえについて理解を深める」ことをめあてに、4年生が砂町水再生センター・水の科学館・中央防波堤埋立処分場に行って学習してきました。
砂町水再生センターでは、汚水が再生される過程を学びました。
「第一沈澱池」では、灰色がかって、臭いのきつさも自分の目や耳で感じました。次の「反応槽」に移動すると、水の色は薄い茶色に変わり、気になる臭いも殆どありませんでした。ここでは、肉眼では見ることができない程小さい沢山の微生物の大きな力を知りました。
「第二沈澱池」になると、もう気になる臭いは無く、2mの水槽の底も透き通って見えました。この後、塩素滅菌して東京湾に流したり、 さらにろ過や塩素滅菌工程を経た水は、トイレや機械の冷却水などに再利用されるということも学びました。

水の科学館で見学し、昼食をすませてから中央防波堤埋立処分場に向かいました。まず、環境学習ホールで埋立処分場の役割や規模等について学びました。
「あと50年経つと、東京ではゴミの埋め立てる場所がなくなってしまう」とのことです。生活の中でゴミを出さない工夫をすることが大切です。その一つが、3Rの実践です。
◯Reduce(ゴミになるものを減らす)
◯Reuse(捨てずに、また使う)
◯Recycle(もう一度、資源として生かす)
埋立処分場では、バスからの車窓見学をしました。不燃ゴミを新しい処分場を見下ろせる「見晴らし広場」で、みんなで「ゴミ、減らすぞー!」と叫び、車窓見学を終えました。
社会科見学で学んだことを、また、みんなで振り返り、学習を深めます。

公開日:2018年06月29日 17:00:00
更新日:2018年07月04日 15:20:21